野球のルール

野球スナップ

野球のルール

野球のルールと聞けば、やったことがない人であっても3人アウトになったら交代だとか9回までだとかくらいのルールは知っています。
それくらい日本人には野球が浸透しており多くの人に楽しまれていますが、現在のルールになるまでにはいくつか段階を踏んでいるのです。

基本的な野球のルールとは9回まで裏表で攻撃と守備に分かれ、攻撃側が投手から投げられるボールを打ち1塁から3塁まで周り本塁にたどり着けば得点が入るというとてもシンプルなものです。
細かなルールは年代や大会によって違いますが、現在一般的に認知されているルールはこのようになっています。

もともと野球は9回までではなく21点先取で決着がつけられる競技でした。
しかし、それでは時間がかかり過ぎるということで現在の9回制に変更され、徐々にルールも固まってきたのです。
3ストライクチェンジや4ボール、四球などもこの頃から少しずつ付け加えられたもので、日本に伝わる前に度重なる変更があって現在の野球のルールとなっているのです。

Valuable information

歌舞伎町 ホスト 求人

2017/7/11 更新